正しい手入れの方法を把握して綺麗な芝生を維持しよう

ウーマン

間伐は業者にお任せ

木と作業員

他の木の成長を妨げてしまうような邪魔な木は間伐や伐採という作業で切り倒します。間伐や伐採には専門の知識と技術が必要です。プロの業者に依頼して、安全に作業してもらうようにしましょう。

More...

手入れで重要なポイント

園芸用品

庭に芝生があると見た目も良いですし、子供が走り回っても転んでけがをする心配がないので安心です。芝生は便利なアイテムではありますが、正しい方法で手入れをしないとすぐに枯れてしまいます。庭に芝を敷く前に正しい芝生の手入れ方法をしっかり学んでおくことが大切です。芝生の手入れで重要なのは、水やりの頻度・芝刈りのタイミング・肥料の3つです。まず、元気な芝生を育てるには水が欠かせません。水やりの頻度が少ないと芝生が茶色く変色し枯れてしまいます。お昼に水をあげてしまうと太陽の熱で蒸発してしまうので、できれば朝方や夕方の比較的涼しい時間帯に水をあげるようにしましょう。春は3~4日に1回、夏は毎日水やりをするのが目安です。次に芝刈りについてです。芝生がよく伸びるのは春や秋です。この時期はすぐに芝が伸びてくるのでこまめに芝刈りをするようにしましょう。芝刈りは、緑の部分を3分の1程度刈ると見た目が綺麗になります。刈りすぎると白い部分が見えてしまうので気を付けましょう。

庭の土の養分が少ないと、芝生の生長が不十分になります。そのため、元気な芝生を育てるために肥料で土に栄養を与えてあげます。肥料を撒いた後は、必ず水やりをしましょう。芝生に肥料がついたままだと枯れてしまうので注意が必要です。芝生の手入れは面倒だなと感じるかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことありません。綺麗な芝生を維持するためにも、毎日の管理を欠かさないようにしたいものですね。

草刈の方法と効果の違い

園芸用品

ひとことで草刈と言っても色々な方法があります。方法によって草刈の効果も異なるので、シーンに合わせて最適な方法を選ぶことでより効果的に草刈をすることができるでしょう。

More...

雑草対策の様々な方法

雑草と手

雑草は放置しておくとどんどん生えてきます。毎回毎回雑草が生えてくる度に草むしりをするのは大変なので雑草対策をすると良いでしょう。庭の雑草対策に効果的な方法をご紹介したいと思います。

More...